堀江貴文「不老不死の研究」感想

本紹介

不老不死の研究

皆さんは自身の健康に気を遣っていますでしょうか。
特に不具合が無いからと蔑ろにしていませんでしょうか。

今回は、堀江貴文さんの「不老不死の研究」を紹介します。

では、本の内容をお話ししていきます!

本の概要

従来から、人間の生物学的寿命は120歳が限界と言われてきました。
ところがほとんどの人が、80代後半から90代にさしかかる頃に亡くなってしまいます。

この差がなぜ生まれてしまうのか、どうすれば健康寿命を伸ばすことができるのかを、
予防医療の観点から、100名以上の医師や専門家へのインタビューを元に書かれています。

健康管理を蔑ろにした結果、家族や友人、そして皆さん自身が後悔することの無いように、
この本を読んで自分の健康にもっと関心を持っていただけたらと思います。

感想

私がこの本を読んで伝えたいことは3つあります。

それは

  • 健康の大切さ
  • 生活習慣を見直す
  • 予防医療の進歩

です。

それぞれ詳しく話していきたいと思います。

健康の大切さ

さんは普段から健康に気を遣っていますでしょうか

私たちは何かと不健康な生活を送っているかと思います。
夜更かしや睡眠不足、暴飲暴食、運動不足、などなど、良くないとわかっていても、なかなか改善しようとはならないのではないでしょうか。

今現状困っていないのであれば、わざわざ健康的な生活に変えようと意欲が湧いてきませんよね。
多少の不具合や、検診での数値の悪化などがあっても、本当に困ってからでないと病院に行こうともなりづらいかと思います。

このように、まだ大丈夫だろうと思って、健康管理を後回しにしてしまいがちですよね。

でも、この後回しが将来ツケとして回ってくることになるのです。

その時になって、家族や友人に辛い思いをさせてしまったり、自分自身が辛い思いをすることになったり。後悔しても健康は簡単に戻ってくるものではありません。

この本を読むと、予防医療の観点から最新の知見を学ぶことができ、健康に対する意識が高まると思います。

内容に関しては、ぜひ皆さんも手にとって読んでいただき、今日からできることを始めてほしいなと思います。

私自身も、健康に関して問題があり、改善のための行動をしなければと思っていながらも後回しにしていました。

これを気に、できることから始めてみようかなと思いました。

生活習慣を見直す

健康管理を後回しにし、問題があっても病院にいくことを避けてしまっていた私にとって、生活習慣はお世辞にも良いものではなかったと思います。

変えたいとは思っても、コツコツ習慣を変えないといけないので、結構大変なんですよね。

この本にも書かれていますが、まずは基本的なこと、睡眠、食事、運動に対してもっと質を高めていこうと思いました。

幸せも、健康あってこそだと思います。将来の自分のために、今から少しずつ習慣を変えていこうと思うことができました。

また、日本は福祉医療が充実しており、健康管理をする上でのメリットも多いです。
例えばワクチンが無料で打てたり。

有効活用すれば、負担少なく健康管理ができます。活用しない手はないですよね。
こういった情報を集めていくことも大切なことなんだと思いました。

個人的には

・睡眠時間をケチらない

・暴飲暴食しない

・運動を少しでも良いから毎日する

この習慣を作っていきたいと思います。

将来の自分のために、今から少しずつ習慣を変えていこう

予防医療の進歩

予防医療の進歩がたくさん記載された本書ですが、個人的に面白いなと感じたトピックスについてお話ししたいと思います。

それは人工冬眠です。

冬眠といえば、熊やリスがしているイメージですよね。

冬眠モードに切り替えて代謝を落とし、食料の少ない冬場を乗り越えようとします。

人間が冬眠をすることはないと皆さん思うかもしれませんが、実際に研究されている方がいて、いろんな発見をしているそうです。
今後人工冬眠が可能になるかもしれない、ということがこの本には書かれています。

冬眠ができるようになると、メリットも多いそうです。

例えば、心筋梗塞や交通事故などで生命の危険があるときに、冬眠状態になってもらえば、病院搬送までの時間稼ぎができる。

コロナウイルスで肺炎が重症化すると、人工呼吸などを使って延命措置を取ることになりますが、人工冬眠状態にすることができれば、必要とする酸素を減らせるので、送り込む酸素の量を減らせる。
などがあります。

他にも、人類が宇宙へ進出した際にも人工冬眠は必要な技術であるそうです。

他にも予防医療の進歩を目の当たりにすると、とてもワクワクしてきます。

最新の知見からいろんな病気を予防したいですよね。

他にも、癌や糖尿病、歯周病に関しての内容も書かれており、勉強になりました。

また、この本でも紹介がありますが、予防医療普及協会では、さまざまな検査キットが購入できます。

胃がんの原因になるピロリ菌や、大腸がんスクリーニング、糖尿病のリスクに関しての簡易検査キットを販売しており、自宅で検査をするだけで、予防、早期発見につながるかと思います。

予防を怠ることで、家族や友人に辛い思いをさせてしまったり、自分自身が辛い思いをすることになったり。後悔しても健康は簡単に戻ってくるものではありません。皆さんもぜひ、検査を検討してみてください。

一般社団法人 予防医療普及協会
予防医療についての正しい知見を集め、啓発し、病気を予防する具体的なアクションを、 さまざまな企業・団体と垣根なく連携し、推進していきます。

皆さんにもぜひ本書を読んでいただき、健康に対する知見を深めて、意識を高めていただければと思います。

まとめ

以上が、「不老不死の研究」を読んだ感想でした。

健康について考えさせられる。そんな1冊でした。

将来の健康は、日々の積み重ねだと思います。
後悔しないためにも、今から予防をしていきたいですよね。

糖尿病や腎臓病、癌など、症状が出るまで時間がかかる病気もありますし、今のうちから検査をしておくことも大切だと思いました。

予防医療普及協会 検査キット SHOP powered by BASE
こちらのショップは、一般社団法人 予防医療普及協会が運営するECサイトです。「ピロリ菌簡易検査キット」、大腸がん検査「便潜血簡易検査キット」をご購入いただけます。予防普及啓発のため、キットは業界最安値でご提供させていただいております。【予防医療普及協会 発足について】病気になって、治療して、薬を買って、医療費を払って、...

この度は最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

今後も投稿を続けていく予定ですので、ぜひ読んでいただけると幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました